ソースコード

AS2.0べったりの時間が長すぎてAS3.0になっても華麗にXMLをそのまま料理できない人のために、Arrayにまるごと変換するクラスを作りました。

XML2Array.doConvert( [ターゲットのXML ] )

といった感じで XMLを渡せばArrayにして返してくれます。

<arg  foo="1" bar="0">
sometext
</arg>
<arg  foo="2" bar="3">
sometext2
</arg>

といった内容の場合、帰ってくる配列resultArrayの中身は

resultArray
 +arg
     [0]
      - foo = "1"
      - bar = "0"
      -_value = "sometext"
     [1]
      - foo = "2"
      - bar = "3"
      -_value = "sometext2"

といった感じになります。属性はそのままの名前で格納されますが、その要素の値は"_value"値に格納されます。 同名の要素はインデックス番号付きでまとめられますが、1つしか存在しない場合も[0]が付きます。 例えば2番目のarg要素の値にアクセスする場合は resultArray.arg[1]._value となります。