(English page)

FLARToolKit とは

  • ARToolKit の AS3 版です。
  • A虎@氏が Java に移植した NyARToolkit をさらに AS3 に移植。
  • FLARToolKit は入力画像からマーカーを認識して、3 次元空間でのカメラ位置を計算するとこまでをやってくれます。
  • 3D グラフィックスとの合成などは各自で実装する必要あり。
  • ただし簡単に合成できるようにヘルパー的なものはついてます。(Papervision3D, Away3D, Alternativa3D 用のクラスが用意されています。)
  • ちなみにサンプルで使用してるのは Papervision3D。

ライセンス

FLARToolKit を使用する場合は、以下の 2 つのライセンスのどちらかを選択してください。

GPL

GPL を選択された場合、商用・非商用を問わず無料で使用可能です。
ただしソフトウェアのバイナリ (SWF ファイル、AIR アプリ等) を第三者に公開するのであれば、そのソフトウェアを構成するすべてのソースファイルを GPL ライセンスで公開しなければなりません。FLARToolKit 移植元の ARToolKit、NyARToolKit が GPL v3 で配布されているため、FLARToolKit も必然的に GPL での配布となります。 GNU General Public License, version 3

商用ライセンス

商用案件などでソースコードを開示したくない場合は、商用ライセンスが用意されています。
商用ライセンスを購入された場合は、ソースコードを開示する必要はありません。
株式会社エム・ソフトさん(日本代理店)にお問い合わせください。

ダウンロード

次のページからダウンロードしてください。

ダウンロード

ソースコードをダウンロード、使用することでライセンスに同意したものとします。

開発者向け

リポジトリは下記になります。

Version 4.x-fp11系は下記

http://www.libspark.org/svn/as3/FLARToolKit/trunk

リポジトリブラウザで見るならこちら → http://www.libspark.org/browser/as3/FLARToolKit/trunk/

Version 4.x-fp10系は下記

http://www.libspark.org/svn/as3/FLARToolKit/branches/ver4.x-fp10

リポジトリブラウザで見るならこちら → http://www.libspark.org/browser/as3/FLARToolKit/branches/ver4.x-fp10/

Version 2.x系は下記

http://www.libspark.org/svn/as3/FLARToolKit/branches/ver2_5_x

リポジトリブラウザで見るならこちら → http://www.libspark.org/browser/as3/FLARToolKit//branches/ver2_5_x/

Version 1.x系は下記

http://www.libspark.org/svn/as3/FLARToolKit/branches/ver1_x_x

リポジトリブラウザで見るならこちら → http://www.libspark.org/browser/as3/FLARToolKit/branches/ver1_x_x/

コミットされた内容に応じて、不定期的にパッケージングします。

使い方

FlashBuilder? プロジェクトの読み込みから、配布パッケージのzipファイルやzipファイルを展開したフォルダを指定することで、一式展開されます。 FLASH Pro CS4 で作成した、FLASH用のプロジェクトファイルとFlashDevelop?のプロジェクトファイルを使うことも可能です。

雑記やメモ

フォーラム

FLARToolKit 専用の Google Group, FLARToolKit userz があります。
海外の人が多いのでほとんどが英語ですが有用な情報がいっぱい流れてるので参加しよう!

サンプルとか

作った人