(English page)

Frocessing

FrocessingはProcessingライクなドロー系AS3ライブラリです。あくまでライクです。
移植ではなくリファレンス実装なので本家と違う振る舞いをする部分もあります。
PerlinNoise?,PFont等はほぼ移植になります。3D、Font、Image等は気持ち程度です。
また、現在テストが十分ではないのでバグが多いと思います。まとめると、遊ぶのがメインの酔狂なライブラリです。

Articles

gihyo.jpでFrocessingの連載をしています。よろしかったらどうぞ
FrocessingではじめるActionScriptドローイング

Adobe Developer Connection
FlashでSVG形式のベクターグラフィックを利用する

Note

  • 3D系の実装をしている最中で、なかなかのコード荒れ気味につきご了承ください。(2008/6/30)
  • テキスト入りました。コードはまだ荒れていています。(2008/7/15)
  • 3D系多少追加。バグ直しなど。(2008/10/11)
  • いろいろと統廃合で0.5に。前のバージョンはbranchへ。(2009/1/27)
  • wonderflに入っているのは0.5です。(2009/2/2)
  • SVGとか追加(2009/4/8)
  • 0.5.8:バグ直しなど(2009/12/6)
  • 0.5.9:バグ直しなど(2010/3/13). 0.5.9.1(2010/3/15)
  • 内部API見直しで0.6に。0.5.9.1はbranchへ。(2010/6/6)
  • 0.6.1:バグ直しなど(2010/7/8)

Source Code

Document

asdoc frocessing-0.6( current ) http://www.libspark.org/htdocs/as3/frocessing/
asdoc frocessing-0.5.9.1 http://nutsu.com/doc/frocessing-0.5.9.1/
asdoc frocessing-0.3 http://nutsu.com/doc/frocessing-0.3/

Processing的なメソッドに関しては本家で読む方がわかりやすいと思います。
http://processing.org/reference/index_ext.html

現在Processing的な実装をしているのは、主に以下のようなところです。
*付きは3Dの場合メソッドが異なります。

  • 2D Primitives
    • triangle()
    • line() *line3d()
    • arc()
    • point()
    • quad()
    • ellipse()
    • rect()
  • 3D Primitives
    • box()
    • sphere()
    • sphereDetail()
  • Curves
    • bezierTangent()
    • bezierDetail()
    • curveTightness()
    • bezierPoint()
    • curveDetail()
    • curvePoint()
    • curve() *curve3d()
    • bezier() *bezier3d()

  • Attributes
    • strokeWeight()
    • strokeJoin()
    • strokeCap()
    • ellipseMode()
    • rectMode()
  • Vertex
    • beginShape()
    • endShape()
    • texture()
    • textureMode()
    • vertex() *vertex3d()
    • bezierVertex() *bezierVertex3d()
    • curveVertex() *curveVertex3d()
  • Loading & Displaying
    • loadShape()
    • shape()
    • shapeMode()
  • Transform
    • pushMatrix()
    • popMatrix()
    • resetMatrix()
    • scale()
    • translate()
    • rotate()
    • rotateX()
    • rotateY()
    • rotateZ()
    • printMatrix()
  • Camera
    • camera()
    • beginCamera()
    • endCamera()
    • printCamera()
    • perspective()
    • frustum()
    • ortho()
    • printProjection()
  • Coordinates
    • modelX()
    • modelY()
    • modelZ()
    • screenX()
    • screenY()
    • screenZ()
  • Color
    • colorMode()
    • fill()
    • stroke()
    • noFill()
    • noStroke()
    • background()
  • Creating & Reading
    • red()
    • green()
    • blue()
    • hue()
    • saturation()
    • brightness()
    • alpha() *F5MovieClip系ではf5_alpha()
    • color()
    • blendColor()
    • lerpColor()
  • Math
    • dist() *dist3d()
    • constrain()
    • mag() *mag3d()
    • lerp()
    • sq()
    • norm()
    • map()
    • degrees()
    • radians()
  • Random
    • noise()
    • noiseDetail()
    • noiseSeed()
    • random()
    • randomSeed()
  • Image
    • imageMode()
    • image()
    • loadImage()
    • tint()
    • noTint()
  • Typographic
    • text()
    • textFont()
    • textSize()
    • textWidth()
    • textAlign()
    • textLeading()
    • textAscent()
    • textDescent()
    • loadFont()

使い方

Processing気分でFlashで遊ぶ場合、frocessing.display.F5MovieClip2D、或いは、frocessing.display.F5MovieClip3DをDocumentClass?に指定してフレームスクリプトに色々書くと気分を味わえます。

このとき、function draw()がある場合、自動的にEnterFrame?のリスナに指定されます。setup()は、ADDED_TO_STAGEのときコールされます。

リポジトリの中に簡単なサンプルがありますので遊んでみてください。

普通に使う場合は、frocessing.core.F5Graphics2D、frocessing.core.F5Graphics3Dなどを使うのだと思う。

ライセンス

ProcessingにならってLGPLです。

つくってる人

nutsu