Math2 クラス

  • 雑多な数値の計算もろもろ。
  • static関数のみで構成されています。

コード

サンプル

クラスファイル内に一応サンプルを書いていますので、そちらをご参照ください。

どんな風になるのか

面倒な計算式の記述が省けます。

使い方

以下にこのクラスで定義されているメソッドを列記しておきます。
メソッドは全て static で定義されています。

figure( n:Number , leng:Number ):String

渡された数値が、指定された桁数に満たない場合、数値の先頭に"0"を付けて桁数を揃えます。
引数に渡す値はどちらも整数値であり、正数でなければ正しい値は得られません。

random():Number

+1か-1をランダムで返します

relation( param:Number , min:Number , max:Number ):Number

最小値以上、最大値以下の値を返します。
指定した数値が最小値を下回る場合は最小値が返され、最大値より大きい場合は最大値を返します。
数値が最小値以上、最大値以下の場合は、数値がそのまま返されます。

sum(a,b,c, , , ):Number

渡された引数の合計値を返します。
配列を使用する場合はapplyを使用してください。

average(a,b,c, , , ):Number

渡された引数の平均値を返します。
配列を使用する場合はapplyを使用してください。

xcount( n:Number ):Number

渡された正数の値から正と負の値を交互に変換した値を返します。

import com.seyself.math.Math2;
for(var i=0;i<6;i++) trace( i+" => "+Math2.xcount( i ) );

// 出力 ---------
// 0 => 0
// 1 => 1
// 2 => -1
// 3 => 2
// 4 => -2
// 5 => 3

round( param:Number , leng:Number ):Number

小数点以下 指定桁で四捨五入します。

floor( param:Number , leng:Number ):Number

小数点以下 指定桁数で切り捨てた値を返します。

loop( param:Number , max:Number ):Number

0 から指定した最大値未満の値を返します。
値が最大値を上回る場合は、上回った分 0 からカウントします。
値が 0 より下回る場合も、同様に最大値からカウントします。

import com.seyself.math.Math2;
for(var i=1;i<85;i*=3) trace( i+" => "+Math2.loop( i , 7 ) );

// 出力 ---------
// 1 => 1
// 3 => 3
// 9 => 2
// 27 => 6
// 81 => 4

positive( n:Number ):Number

引数の値が正数の場合のみ、その数値を返し、負数の場合は0を返します。

negative( n:Number ):Number

引数の値が負数の場合のみ数値を返し、正数の場合は0を返します。

filter( n:Number ):Number

引数が正数の場合は+1を、負数の場合は-1、その他の場合は0を返します。

measure( param:Number ):Array

引数から約数を求めて配列で返します。

prime( param:Number ):Number

素数を取得します。
取得できる素数は 2 から 9973 までの 1229 個の数値です。
引数 param が無い場合は配列で全ての素数を返します。

toDeg( rad:Number ):Number

渡されたラジアン値を角度に変換します。

toRad( deg:Number ):Number

渡された角度をラジアン値に変換します。