Profilerクラス

  • メモリリークを防ぎたいときに役に立ちそうなクラスです。
  • Flash Player 9 Update 3 または AIR Debug Launcher(ADL)上でのみ利用可能です。

できること

  • オブジェクトがガベージコレクションに回収されたかどうかを確認することができます。

コード

基本的な使い方

Profilerクラスのインスタンスを生成することでプロファイリングが開始されます。

public class RootClass extends Sprite {
  
  private var _profiler:Profiler = Profiler.instance;
  
  public function RootClass() {
  }
}

Profilerクラスのinstanceプロパティを初めてに参照したときに、Profilerクラスのインスタンスが生成されます。

また、そのときに自動的にプロファイリングが開始されます。

以後は、

_profiler.getWatchString();

getWatchString()メソッドで、解析の結果をテキストで取得できます。