Dumperクラス

  • Dataの中身を解析するクラス。
  • Flash のオーサリングツールだと Object の中身をみれるのがあるけど、Flexでデバッグする際はなくて不便だったので作った
  • trace文で出力するのとFireBug?のconsole(debug, info, errro, warn)に出力する方法をサポートしてます。
  • 使い方はサンプルに記載しています。

コード

サンプル

使い方

1. インポートする
2. Staticで宣言してあるのでインスタンスを作る必要がなく Dumper.debug([出力したい変数]), trace(Dumper.toString([出力したい変数]) で確認できる。

traceを頻繁に使用する場合は以下のようなメソッドを 定義しておくと非常に効率よく開発できます。

//function
import org.libspark.utils.Dumper;

public function dumper(... args):void {
    for each (var arg:* in args)
        trace(Dumper.toString(arg));
    }
}

//call
dumper({a:1, b:2, c:[1, 2, 3]}, "hoge", true, 124);

//output
$var = {
           'b' => 2,
           'c' => [
                      1,
                      2,
                      3,
                  ],
           'a' => 1,
       }

$var = 'hoge'

$var = true

$var = 124