Cohesion Framework

Cohesion FrameworkはFlex3 SDKを用いてマルチユーザswfを作成するためのフレームワークです。

ActionScript3.0ではSocketクラス(旧FlashにおいてはXMLSocket)を用いてマルチユーザムービー作ることができますが、クライアント側、サーバ側ともに煩雑な処理を要求されます。 そのような煩雑性を吸収し、できる限りお手軽にマルチユーザ環境を構築できるようにするのが、このCohesion Frameworkの目的です。

Cohesion Frameworkは大きく分けて、次の二つのフレームワークに分類されます。

  • クライアント用フレームワーク - ActionSctipt3.0
    • ブートストラップとなるメインswfや、サーバとのソケット接続を管理するKernel等。また、Cohesion Frameworkを利用するための共通ユーティリティなどが含まれます。
  • サーバ用フレームワーク - Java
    • GPSS2を用いたソケットサーバ。クライアントからの要求を振り分け、Javaで記述されたサービスや、JavaScriptで記述されたサービスを実行します。

最新情報

  • 2008.05.02 Cohesion Framework 1.0.96 をリリースしました。
    • (Client) Flash CS3用のテンプレートを作成しました。
    • (Client) Cohesion ModulesプロジェクトをSystemCommandモジュールに統合しました。
    • (Server) MovieLoaderレスポンスを追加しました。
    • (Server) 全クライアント間・サービス間で共通に使用できる属性を持つため、SockletContextを導入しました。
  • 2008.04.28 Cohesion Framework 1.0.77 をリリースしました。
    • αとかわかりにくいので、末尾番号をチュートリアル用プロジェクトのrevision番号とします。
    • ModuleProxyクラスとその操作系を追加しました。
    • Cohesion Modulesプロジェクトを開始し、MovieLoaderModuleを追加しました。
  • 2008.04.27 Cohesion Framework 1.0.0 α1をSpark projectよりリリースしました。

ダウンロード

バイナリー

チュートリアル用プロジェクト(Eclipseプロジェクト形式)に含まれるバイナリをご使用ください。

ソースコード

ソースコードの提供はリポジトリからのチェックアウトのみとなっています。

チュートリアル

  1. チュートリアル用プロジェクトのダウンロード
  2. ソケットサーバ(GPSS2)を起動してみる
  3. Cohesion Frameworkの仕組み