PMDResults

  • PMDResults は FlexPMD の出力結果をFlashDevelop?のResultsパネルに表示させるマクロです。

FlexPMDの出力はXMLファイルによってなされますが、このXMLファイルと実際のASファイルを行き来しながら照合するのは大変な手間がかかります。 そこでFlashDevelop?のResultsパネルという、エラーメッセージをダブルクリックすれば当該ASファイルが開かれる便利な機能を利用することにしました。 PMDResultsは、快適なPMDライフをサポートします。

コード

インストールの手順

FlashDevelop?の メニュー>Tools>Application Files... を開いて出てきたフォルダに Macros というフォルダを作成してください。 ダウンロードした PMDResults.cs ファイルをその中へ追加します。

FlashDevelop?に戻って、 メニュー>Macros>Edit Macros... を開きます。 出てきたウインドウの左下の Add をクリックすると Untitled という項目が出てくるのでそれをクリック、 Label を &PMDResults として、 Entries のところを開いて以下の通りに記述します。

ExecuteScript|Development;$(UserAppDir)\Macros\PMDResults.cs

さきほど保存したマクロを実行するといった意味です。 Shortcutの項目でショートカットを設定することもできます。お好みでどうぞ。

マクロの実行は メニュー>Macros の中に PMDResults という項目ができているはずなのでそれをクリックします。 プロジェクトを開いているときにはそのプロジェクトファイルと同階層にあるpmd.xmlファイルを読みに行きます。 プロジェクトを開いていなかったり、ファイルが見つからなかった場合にはダイアログが開くので任意にpmd.xmlを指定してください。

いじってる人

なにか質問があれば以下の人に聞くとよいです。

関連

  • FlexPMD PMD.xmlの出力も自動でできる、こちらのプラグインがさらに便利です