AirAutoUpdaterとは

MXML一行書くだけでAirのUpdaterの処理を行うライブラリです。

ダウンロード

インストール

  • swcをダウンロードし、ライブラリパスに追加してください。

使ってみる

sampleにあるように、Airアプリケーションに一行追加してください。 urlにはversion.xmlへのパスを記述します。 なお、version.xmlは次のような形式のものです。

<version>
        <!-- 最新のバージョン -->
        <version>0.3</version>
        <!-- 最新のバージョンのairファイルのURL -->
        <url>http://jirox.net/as3/BlurHighlight/BlurHighlightAir.air</url>
</version> 

これだけでアプリケーションの起動時、自動的に最新バージョンをチェックします。 なお、このversion.xmlのversionエレメントと、hoge-app.xmlのAirアプリケーション記述子のversionエレメントを比較し、 異なっていれば、インストールを行います。

インストール前には、確認画面が表示されます。