SpecialButtonコンポーネント リファレンス

このリファレンスを参照する際は
SpecialButton用動作確認サンプル兼スキン作成ウィザードを別ウィンドウで開いて
同名のメソッドの挙動を実際に確認すると非常にわかりやすいと思います。

また、当コンポーネントは初期化時点でコンポーネント定数やスキンから外観を設定したら、
それ以降はASから外観を変更させるシーンをあまり想定していないため、
外観を指定するset[Up/Over/Down/Disable]View()メソッドの引数の内容は
正直言って初心者には優しくありません(汗
(個別に指定できるメソッドとか用意すりゃいんだけど、これ以上メソッド増やしてメモリ無駄使いするのもアレだしねー)


目次
リファレンス更新履歴
コンポーネント定数一覧
リファレンス目次・逆引き(機能別)
リファレンス目次・メソッド名別

indexに戻る

リファレンス更新履歴

2006/12/09 Ver1.00に合わせて各種メソッドの追加、および変更
2005/06/21 ベータバージョン公開

コンポーネント定数

名前 変数名
ラベルの種類 LabelType List
テキストラベル(アドレス) TextLabel String
イメージラベル(ID、アドレス) ImageLabel String
テキストフォーマット LabelFormat Object
ラベルの位置 LabelPosition List
画像とテキストの相対位置 ImagePosition List
ラベルの余白 LabelMargin Object
ラベル影の余白 ShadowMargin Object
角の丸み CornerSize Number
角の丸め位置 CornerPart List
境界線(下)の太さ OuterSize Number
境界線(上)の太さ InnerSize Number
境界線(上)の位置 InnerPosition List
ボタンの色形状 ColorType List
通常(Up)時の色・透明度 UpView Object
Over時の色・透明度など OverView Object
Down時の色・透明度など DownView Object
Disable時の色・透明度など DisableView Object
カーソル指形変更可否 useHandCursor_str Boolean
画像のはみ出し可否 OverImage Boolean
ボタンの押下可否 Enabled Boolean
ボタン押下時のへこみ値 PushPixel Number
ラベル内容に応じてサイズ自動変更 AutoSize Boolean
サイズ変更時の基準点 SizeChangePoint List
ボタン押下時のアクション ActionType List
データ Data Array
ハンドラ Handler String
ツールチップ文字列 ToolTip String
ショートカットキー ShortCutKey String
スキン名 SkinName String

リファレンス目次・逆引き(機能別)

横の長さを取得(指定)する
縦の長さを取得(指定)する
縦横の大きさを変更した際の基準点を取得(指定)する
角の丸みを取得(指定)する
角を丸める箇所を取得(指定)する
境界線(下)の太さを取得(指定)する
境界線(上)の太さを取得(指定)する
境界線(上)の位置を取得(指定)する
ボタン内部の色形状を取得(指定)する
ラベルの種類を取得(指定)する
ラベルの位置を取得(指定)する
テキストと画像を同時に表示している際の、テキストを基準にした画像の表示位置を取得(指定)する
ラベルと境界線の間の余白を取得(指定)する
テキストラベルの影の位置を取得(指定)する
ラベルの文字形状(大きさ、太字など)を取得(指定)する
ボタンにマウスを乗せた際に表示されるツールチップの内容を取得(指定)する
ショートカットキーを取得(指定)する
ボタン押下(Release)時に実行するアクションの種類を取得(指定)する
getActionTypeで"ハンドラ起動"を選択した場合に実行するハンドラを取得(指定)する
ボタンが保持するデータを取得(指定)する
ボタンが保持するデータをすべて取得する
ボタン上部にマウスがきた時にカーソルを指型にするかどうかを取得(指定)する
ボタンの押下可否を取得(指定)する
ラベルを変更した際に、変更後のラベルの大きさにボタンの大きさを自動調節するかどうかを取得(指定)する
テキストラベルを取得(指定)する
イメージラベルを取得(指定)する
ラベルを取得(指定)する
ラベルを追加する
スキンを取得(指定)する
ボタンの通常時(Up)の色情報や透明度を取得(指定)する
ボタン上にマウスが来た時(Over)の色情報や透明度を取得(指定)する
ボタンを押している時の色(Down)情報や透明度を取得(指定)する
ボタンが押下不能な時(Disable)の色情報や透明度を取得(指定)する
ボタンを押下した際のラベルのへこみ度合いを取得(指定)する
画像のはみだし可否を取得(指定)する

リファレンス目次・メソッド名別

get/setWidth()
get/setHeight()
get/setSizeChangePoint()
get/setCornerSize()
get/setCornerPart()
get/setOuterSize()
get/setInnerSize()
get/setInnerPosition()
get/setColorType()
get/setLabelType()
get/setLabelPosition()
get/setImagePosition()
get/setLabelMargin()
get/setShadowMargin()
get/setLabelFormat()
get/setToolTip()
get/setShortCutKey()
get/setHandler()
get/setActionType()
get/setData()
getAllData()
get/setUseHandCursor()
get/setEnabled()
get/setAutoSize()
get/setTextLabel()
get/setImageLabel()
get/setLabel()
get/setPushLabel()
get/setSkin()
get/setUpView()
get/setOverView()
get/setDownView()
get/setDisableView()
get/setPushPixel()
get/setOverImage()


get/setWidth()

概要
横の長さを取得(指定)する


引数
get なし
set Number ボタンの横幅

戻り値
get Number ボタンの横幅
set なし

▲ページトップに戻る
get/setHeight()

概要
縦の長さを取得(指定)する。
AutoSizeがtrueになっている場合は値を指定しても無効になります


引数
get なし
set Number ボタンの縦幅

戻り値
get Number ボタンの縦幅
set なし

▲ページトップに戻る
get/setSizeChangePoint()

概要
縦横の大きさを変更した際の基準点を取得(指定)する。
AutoSizeがtrueになっている場合は値を指定しても無効になります


引数
get なし
set String
左上

右上

中央

左下

右下
のいずれかの文字列。

戻り値
get String
左上

右上

中央

左下

右下
のいずれかの文字列。
set なし

▲ページトップに戻る
get/setCornerSize()

概要
角の丸みの大きさを取得(指定)する


引数
get なし
set Number 角の丸みの大きさ(px単位)

戻り値
get Number 角の丸みの大きさ(px単位)
set なし

▲ページトップに戻る
get/setCornerPart()

概要
角を丸める箇所を取得(指定)する


引数
get なし
set String
すべて(もしくは"All")
上側のみ(もしくは"Top")
下側のみ(もしくは"Bottom")
左側のみ(もしくは"Left")
右側のみ(もしくは"Right")
左上のみ(もしくは"LT")
右上のみ(もしくは"RT")
左下のみ(もしくは"LB")
右下のみ(もしくは"RB")
のいずれかの文字列。

戻り値
get String
All
Top
Bottom
Left
Right
LT
RT
LB
RB
のいずれかの文字列。
set なし

▲ページトップに戻る
get/setOuterSize()

概要
境界線(下側)の太さを取得(指定)する


引数
get なし
set Number 境界線(下側)の太さ

戻り値
get Number 境界線(下側)の太さ
set なし

▲ページトップに戻る
get/setInnerSize()

概要
境界線(上側)の太さを取得(指定)する。
境界線(下側)より太い値は指定できません


引数
get なし
set Number 境界線(上側)の太さ

戻り値
get Number 境界線(上側)の太さ
set なし

▲ページトップに戻る
get/setInnerPosition()

概要
境界線(上)の位置を取得(指定)する。
外側に指定した場合はOuterColorとInnerColorの関係が逆転します


引数
get なし
set String
外側
中央
内側
のいずれかの文字列。

戻り値
get String
外側
中央
内側
のいずれかの文字列。
set なし

▲ページトップに戻る
get/setColorType()

概要
ボタン内部の色形状を取得(指定)する。
単一色を指定した場合、StColorの色が単一色に指定される


引数
get なし
set String
グラデ上→下
グラデ内→外
グラデ左→右
グラデ左上→右下
グラデ左下→右上
単一色
のいずれかの文字列。

戻り値
get String
グラデ上→下
グラデ内→外
グラデ左→右
グラデ左上→右下
グラデ左下→右上
単一色
のいずれかの文字列。
set なし

▲ページトップに戻る
get/setLabelType()

概要
ラベルの種類を取得(指定)する

引数
get なし
set String
テキスト
外部テキスト
リンケージMC
外部画像
リンケージMC付きテキスト
外部画像付きテキスト
リンケージMC付き外部テキスト
外部画像付き外部テキスト
のいずれかの文字列。

戻り値
get String
テキスト
外部テキスト
リンケージMC
外部画像
リンケージMC付きテキスト
外部画像付きテキスト
リンケージMC付き外部テキスト
外部画像付き外部テキスト
のいずれかの文字列。
set なし

▲ページトップに戻る
get/setLabelPosition()

概要
ラベルの位置を取得(指定)する

引数
get なし
set String
左上

右上

中央

左下

右下
のいずれかの文字列。

戻り値
get String
左上

右上

中央

左下

右下
のいずれかの文字列。
set なし

▲ページトップに戻る
get/setImagePosition()

概要
テキストと画像を同時に表示している際の、テキストを基準にした画像の表示位置を取得(指定)する

引数
get なし
set String
左上
左中
左下
上左
上中
上右
右上
右中
右下
下左
下中
下右
のいずれかの文字列。

戻り値
get String
左上
左中
左下
上左
上中
上右
右上
右中
右下
下左
下中
下右
のいずれかの文字列。
set なし

▲ページトップに戻る
get/setLabelMargin()

概要
ラベルと境界線の間の余白を取得(指定)する。
  Left  左の余白、LabelPositionが左上、左、左下の場合に適用
  Top  上の余白、LabelPositionが左上、上、右上の場合に適用
  Right  右の余白、LabelPositionが右上、右、右下の場合に適用
  Bottom  下の余白、LabelPositionが左下、下、右下の場合に適用
  Center  テキストと画像の間の余白、LabelTypeがテキスト・画像両方表示の場合に適用
単一のNumberを指定した場合は上記すべてのパラメータに同じ数値が入ります。


引数
get なし
set Object
  Left Number
  Top Number
  Right Number
  Bottom Number
  Center Number
で構成されたObject、もしくは単一のNumber

戻り値
get 単一でsetした場合はNumber
個別にsetした場合は
  Left Number
  Top Number
  Right Number
  Bottom Number
  Center Number
で構成されたObjectデータ
set なし

▲ページトップに戻る
get/setShadowMargin()

概要
テキストラベルの影の位置を取得(指定)する。

引数
get "MarginX"、"MarginY"、もしくは引数なし
set Number
渡す引数が単一の際は右余白、下余白共にその値が適用され、
渡す引数が2つの際は1つめの引数が右余白、2つめの引数が下余白共にそれぞれ適用されます。

戻り値
get 引数でmarginX(右余白)、marginY(下余白)を指定した場合はその値、
引数なしの場合は
  marginX Number
  marginY Number
で構成されたObjectデータ
set なし

▲ページトップに戻る
get/setLabelFormat()

概要
ラベルの文字形状を取得(指定)する
  bold 太字にするかどうか
  italic 斜体にするかどうか
  size 文字の大きさ(pt単位)
  leading 行間の余白(px単位)

※underline(下線)はUp/Over/Down/Disable毎に個別で指定します


引数
get なし
set Object
  bold Boolean
  italic Boolean
  size Number
  leading Number
で構成されたObject。

戻り値
get Object
  bold Boolean
  italic Boolean
  size Number
  leading Number
で構成されたObject。
set なし

▲ページトップに戻る
get/setToolTip()

概要
ボタンにマウスを0.5秒程度乗せた際に表示されるツールチップの内容を取得(指定)する

引数
get なし
set String ボタンにマウスを0.5秒程度乗せた際に表示されるツールチップの内容

戻り値
get String ボタンにマウスを0.5秒程度乗せた際に表示されるツールチップの内容
set なし

▲ページトップに戻る
get/setShortCutKey()

概要
ショートカットキーを取得(指定)する。
+記号を区切り文字にして複数キーの同時押し判別も指定可能。
また以下の文字列を利用することによりコード番号を使わずにショートカットキーを指定できます。

ショートカットキーの対応コード文字列一覧(下記以外のキーに関してはgetCode()のコード番号を利用して下さい)
各種アルファベット A〜Z
各種数字、記号 0〜9 or !〜)、- or =、^ or ~、@ or `、[ or {、: or *、] or } or 、, or <、. or >、/ or ?、\ or _、|、;、
一般特殊キー Shift、Ctrl、Enter、BackSpace、Esc、Alt、Insert、Delete、Home、End、PageDown、PageUp、Space、PrintScreen、ScrollLock、Pause
十字キー Up、Down、Left、Right or ↑、↓、←、→
ファンクションキー F1〜F12
ナンバーキー N0〜N9、N.、N/、N*、N-、NP(+キー)、NL(NumLockキー)

注意:設定したショートカットキーがswfを表示しているアプリケーション(ほとんどの場合はブラウザ)の
ショートカットキーと競合した場合、アプリ側のショートカットコマンドが優先して実行されます。こればっかりは逃げようがないですw


引数
get なし
set String ショートカットのキー(+区切りで複数指定可能)

戻り値
get String ショートカットのキー
set なし

▲ページトップに戻る
get/setHandler()

概要
getActionTypeで"ハンドラ起動"を選択した場合に実行するハンドラを取得(指定)する

引数
get なし
set String ハンドラとして起動させる関数(メソッド)名

戻り値
get String ハンドラとして起動させる関数(メソッド)名
set なし

▲ページトップに戻る
get/setActionType()

概要
ボタン押下(Release)時に実行するアクションの種類を取得(指定)する。
ここでの"指定データ"とはsetDataで指定した0番目のパラメータです。


引数
get なし
set String
ハンドラ起動
指定データにgotoAndPlay
指定データにgotoAndStop
指定データにgetURL
指定データにgetURL(新規ウィンドウ)
nextFrame
prevFrame
play
stop
のいずれかの文字列。

戻り値
get String
ハンドラ起動
指定データにgotoAndPlay
指定データにgotoAndStop
指定データにgetURL
指定データにgetURL(新規ウィンドウ)
nextFrame
prevFrame
play
stop
のいずれかの文字列。

▲ページトップに戻る
get/setData()

概要
ボタンが保持するデータを取得(指定)する。
指定したデータはActionTypeの引数としても使用されます。


引数
get なし、もしくは配列取得対要素数Number
set String or Array
String型の場合は単一データ、Array型の場合は複数のデータをセットできる

戻り値
get 引数を指定しなかった場合は0番目の要素、 Numberを指定した場合は指定Number番目の要素を取得
set なし

▲ページトップに戻る
getAllData()

概要
ボタンが保持するデータをすべて取得する。

引数
get なし

戻り値
get Array すべてのデータを配列として取得

▲ページトップに戻る
get/setUseHandCursor()

概要
ボタン上部にマウスがきた時にカーソルを指型にするかどうかを取得(指定)する


引数
get なし
set Boolean trueもしくはfalse

戻り値
get Boolean trueもしくはfalse
set なし

▲ページトップに戻る
get/setEnabled()

概要
ボタンの押下可否を取得(指定)する。
Enabledをfalseにしている間はボタンが押下不可となり、
外観がDisableViewで指定した色となり、
対応するショートカットキーを押下してもハンドラが起動しなくなります。
また、Enabledをfalseにした瞬間のみDisableViewで指定したHandler、およびSoundが起動します。


引数
get なし
set Boolean trueもしくはfalse

戻り値
get Boolean trueもしくはfalse
set なし

▲ページトップに戻る
get/setAutoSize()

概要
ラベルを変更した際に、変更後のラベルの大きさにボタンの大きさを自動調節するかどうかを取得(指定)する。
AutoSizeがtrueになっている間はsetWidthとsetHeightで値を指定しても無効になります


引数
get なし
set Boolean trueもしくはfalse

戻り値
get Boolean trueもしくはfalse
set なし

▲ページトップに戻る
get/setTextLabel()

概要
LabelTypeが"テキスト"の場合はラベルとして表示する文字列、
LabelTypeが"外部テキスト"の場合はラベルとして表示する文字列が記載されているファイルへのアドレス、
をそれぞれ取得(指定)する。


引数
get なし
set String LabelTypeに応じた文字列。
LabelTypeが"外部テキスト"の場合はsetと同時に外部テキストファイルの再読込が発生します。

戻り値
get String テキストラベルの文字列、もしくは外部テキストファイルのファイル名
set なし

▲ページトップに戻る
get/setImageLabel()

概要
LabelTypeが"リンケージMC"の場合はリンケージMC名、
LabelTypeが"外部画像"の場合は外部画像のアドレス、
をそれぞれ取得(指定)する。


引数
get なし
set String LabelTypeに応じた文字列。
LabelTypeが"外部画像"の場合はsetと同時に外部テキストファイルの再読込が発生します。

戻り値
get String イメージラベルのリンケージ名、もしくは外部画像のアドレス
set なし

▲ページトップに戻る
get/setLabel()

概要
LabelTypeがテキスト/画像どちらか片方のみだったら
現在適用されているラベルの文字列/アドレス/リンケージMC等を、
両方表示の場合はテキスト,画像両方のラベルがそれぞれ取得(指定)する。


引数
get なし
set String LabelTypeに応じた文字列

戻り値
get String LabelTypeに応じた文字列
set なし

▲ページトップに戻る
PushLabel()

概要
LabelTypeにテキストラベルが表示されている場合に、
ラベルとして表示する文字列の末尾に指定した文字列を追加する。


引数
String 追加する文字列

▲ページトップに戻る
get/setSkin()

概要
スキン名を取得(指定)する。


引数
get なし
set String スキン名

戻り値
get String スキン名
set なし

▲ページトップに戻る
get/setUpView()

概要
ボタンの通常時(Up)の色情報や透明度を取得(指定)する。
(UpViewオブジェクトには「Handler」プロパティはありません)


引数
get なし、もしくはUpViewが保持するプロパティ名
set
名前 変数名
ラベルの色 LabelColor Color(0xRRGGBB形式)
ラベルの影の色 ShadowColor Color(0xRRGGBB形式)
ラベルの下線表示可否 Underline Boolean
境界線(下側)の色 OuterColor Color(0xRRGGBB形式)、もしくは
左側の色Left Color(0xRRGGBB形式)
上側の色Top Color(0xRRGGBB形式)
右側の色Right Color(0xRRGGBB形式)
下側の色Bottom Color(0xRRGGBB形式)
で構成されたObjectオブジェクト。
境界線(上側)の色 InnerColor Color(0xRRGGBB形式)、もしくは
左側の色Left Color(0xRRGGBB形式)
上側の色Top Color(0xRRGGBB形式)
右側の色Right Color(0xRRGGBB形式)
下側の色Bottom Color(0xRRGGBB形式)
で構成されたObjectオブジェクト。
ボタンの色にグラデーションを指定している場合の始点にあたる色
(単一色を指定している場合はここで指定した色が適用される)
StColor Color(0xRRGGBB形式)
ボタンの色にグラデーションを指定している場合の終点にあたる色 ToColor Color(0xRRGGBB形式)
ボタンの境界線以外の部分の透明度 BodyAlpha Number(0〜100)
境界線(下側)の透明度 OuterAlpha Number(0〜100)
境界線(上側)の透明度 InnerAlpha Number(0〜100)
ボタンを離した(Up)時に鳴らす効果音 Sound String(リンケージIDを指定)

で構成されたObjectオブジェクト、
もしくはプロパティ名,パラメータと連続した2つの引数
例:setUpView("LabelColor","0xFF0000");

戻り値
get 引数を指定しなかった場合は上記に記載されているObjectオブジェクト、
引数を指定した場合は指定したプロパティのパラメータ
set なし

▲ページトップに戻る
get/setOverView()

概要
ボタン上にマウスが来た時(Over)の色情報や透明度を取得(指定)する


引数
get なし、もしくはOverViewが保持するプロパティ名
set
名前 変数名
ラベルの色 LabelColor Color(0xRRGGBB形式)
ラベルの影の色 ShadowColor Color(0xRRGGBB形式)
ラベルの下線表示可否 Underline Boolean
境界線(下側)の色 OuterColor Color(0xRRGGBB形式)、もしくは
左側の色Left Color(0xRRGGBB形式)
上側の色Top Color(0xRRGGBB形式)
右側の色Right Color(0xRRGGBB形式)
下側の色Bottom Color(0xRRGGBB形式)
で構成されたObjectオブジェクト。
境界線(上側)の色 InnerColor Color(0xRRGGBB形式)、もしくは
左側の色Left Color(0xRRGGBB形式)
上側の色Top Color(0xRRGGBB形式)
右側の色Right Color(0xRRGGBB形式)
下側の色Bottom Color(0xRRGGBB形式)
で構成されたObjectオブジェクト。
ボタンの色にグラデーションを指定している場合の始点にあたる色
(単一色を指定している場合はここで指定した色が適用される)
StColor Color(0xRRGGBB形式)
ボタンの色にグラデーションを指定している場合の終点にあたる色 ToColor Color(0xRRGGBB形式)
ボタンの境界線以外の部分の透明度 BodyAlpha Number(0〜100)
境界線(下側)の透明度 OuterAlpha Number(0〜100)
境界線(上側)の透明度 InnerAlpha Number(0〜100)
ボタン上にマウスが乗った(Over)時に鳴らす効果音 Sound String(リンケージIDを指定)
ボタン上にマウスが乗った(Over)時にハンドラとして起動させる関数(メソッド)名 Handler String

で構成されたObjectオブジェクト、
もしくはプロパティ名,パラメータと連続した2つの引数
例:setOverView("LabelColor","0xFF0000");

戻り値
get 引数を指定しなかった場合は上記に記載されているObjectオブジェクト、
引数を指定した場合は指定したプロパティのパラメータ
set なし

▲ページトップに戻る
get/setDownView()

概要
ボタンを押している時の色(Down)情報や透明度を取得(指定)する


引数
get なし、もしくはDownViewが保持するプロパティ名
set
名前 変数名
ラベルの色 LabelColor Color(0xRRGGBB形式)
ラベルの影の色 ShadowColor Color(0xRRGGBB形式)
ラベルの下線表示可否 Underline Boolean
境界線(下側)の色 OuterColor Color(0xRRGGBB形式)、もしくは
左側の色Left Color(0xRRGGBB形式)
上側の色Top Color(0xRRGGBB形式)
右側の色Right Color(0xRRGGBB形式)
下側の色Bottom Color(0xRRGGBB形式)
で構成されたObjectオブジェクト。
境界線(上側)の色 InnerColor Color(0xRRGGBB形式)、もしくは
左側の色Left Color(0xRRGGBB形式)
上側の色Top Color(0xRRGGBB形式)
右側の色Right Color(0xRRGGBB形式)
下側の色Bottom Color(0xRRGGBB形式)
で構成されたObjectオブジェクト。
ボタンの色にグラデーションを指定している場合の始点にあたる色
(単一色を指定している場合はここで指定した色が適用される)
StColor Color(0xRRGGBB形式)
ボタンの色にグラデーションを指定している場合の終点にあたる色 ToColor Color(0xRRGGBB形式)
ボタンの境界線以外の部分の透明度 BodyAlpha Number(0〜100)
境界線(下側)の透明度 OuterAlpha Number(0〜100)
境界線(上側)の透明度 InnerAlpha Number(0〜100)
ボタンを押した(Up)時に鳴らす効果音 Sound String(リンケージIDを指定)
ボタンを押した(Down)時にハンドラとして起動させる関数(メソッド)名 Handler String

で構成されたObjectオブジェクト、
もしくはプロパティ名,パラメータと連続した2つの引数
例:setDownView("LabelColor","0xFF0000");

戻り値
get 引数を指定しなかった場合は上記に記載されているObjectオブジェクト、
引数を指定した場合は指定したプロパティのパラメータ
set なし

▲ページトップに戻る
get/setDisableView()

概要
ボタンが押下不能な時(Disable)の色情報や透明度を取得(指定)する


引数
get なし、もしくはDisableViewが保持するプロパティ名
set
名前 変数名
ラベルの色 LabelColor Color(0xRRGGBB形式)
ラベルの影の色 ShadowColor Color(0xRRGGBB形式)
ラベルの下線表示可否 Underline Boolean
境界線(下側)の色 OuterColor Color(0xRRGGBB形式)、もしくは
左側の色Left Color(0xRRGGBB形式)
上側の色Top Color(0xRRGGBB形式)
右側の色Right Color(0xRRGGBB形式)
下側の色Bottom Color(0xRRGGBB形式)
で構成されたObjectオブジェクト。
境界線(上側)の色 InnerColor Color(0xRRGGBB形式)、もしくは
左側の色Left Color(0xRRGGBB形式)
上側の色Top Color(0xRRGGBB形式)
右側の色Right Color(0xRRGGBB形式)
下側の色Bottom Color(0xRRGGBB形式)
で構成されたObjectオブジェクト。
ボタンの色にグラデーションを指定している場合の始点にあたる色
(単一色を指定している場合はここで指定した色が適用される)
StColor Color(0xRRGGBB形式)
ボタンの色にグラデーションを指定している場合の終点にあたる色 ToColor Color(0xRRGGBB形式)
ボタンの境界線以外の部分の透明度 BodyAlpha Number(0〜100)
境界線(下側)の透明度 OuterAlpha Number(0〜100)
境界線(上側)の透明度 InnerAlpha Number(0〜100)
ボタンのEnabledにfalseが指定された(Disable)時に鳴らす効果音 Sound String(リンケージIDを指定)
ボタンのEnabledにfalseが指定された(Disable)時にハンドラとして起動させる関数(メソッド)名 Handler String

で構成されたObjectオブジェクト、
もしくはプロパティ名,パラメータと連続した2つの引数
例:setDisableView("LabelColor","0xFF0000");

戻り値
get 引数を指定しなかった場合は上記に記載されているObjectオブジェクト、
引数を指定した場合は指定したプロパティのパラメータ
set なし

▲ページトップに戻る
get/setPushPixel()

概要
ボタンを押下した際のラベルのへこみ度合いを取得(指定)する


引数
get なし
set Number へこみ度合い(ピクセル単位)

戻り値
get Number へこみ度合い(ピクセル単位)
set なし

▲ページトップに戻る
get/setOverImage()

概要
ラベルに画像が表示されていて、なおかつウィンドウサイズよりも画像が大きい場合に
その画像のはみ出し可否を取得(指定)する。

なお、この値をtrueにしている場合、
BodyAlphaの値を変更しても画像の透明化は行われません。


引数
get なし
set Boolean trueもしくはfalse

戻り値
get Boolean trueもしくはfalse
set なし

▲ページトップに戻る

indexに戻る